デブ菌

ダイエット

「デブ菌or痩せ菌」あなたの味方はどっち?体重を決める2つの菌!

こんにちは^^

プロセラピストの鐘ヶ江(かねがえ)です。

 

「デブ菌 」「痩せ菌」あなたの味方はどちらですか?

もし「デブ菌」とお友達なら要注意です!

腸内にどちらの菌が多いかであなたの体重は決まるからです。

 

時代と共に私たちの腸内はデブ菌が増えてきています。

さらには加齢と共に内臓の機能が落ちてくるとさらにデブ菌が増えます。

そうすると太りやすくなるばかりではなく、腸内の乱れから体全体への不調へと影響が広まってしまいます。

 

スレンダーな体型を維持するためには、デブ菌を減らして痩せ菌を増やす必要があります。

痩せ菌を増やしてスリムで綺麗になるための方法は意外と簡単です。

今日は痩せ菌を増やして痩せやすい体質を作っていく方法をお伝えしていきますね★

 

 

腸内細菌の分類

腸内細菌

まずは腸内細菌の大まかな分類についてお話しします。

地球上には現在約80門の細菌が存在しています。

「門」とは生物を大きく分類した時の分け方の一種です。

 

例えば人間でいうと

動物[界]  脊索動物[門]  哺乳[綱]  サル[目]  ヒト[科]  ヒト[属]  ヒト[種]

ビフィズス菌でいうと

細菌[界]  アクチノバクテリア[門]  放線菌[網]  ビフィドバクテリウム[目]・・・

といった具合に分類されています。

 

ちなみに腸内細菌は以下の4つの門でほぼ構成されています。

  1. バクテロイデス門
  2. フィルミクテス門
  3. アクチノバクテリア門
  4. プロテオバクテリア門

 

腸内はこの4つの門が約90%を占めています。

あまり聞きなれない言葉ですが、一般的には以下のようにも呼ばれています。

 

  • 善玉菌「アクチノバクテリア門」
  • 悪玉菌「プロテオバクテリア門」
  • 日和見菌「バクテロイデス門、フィルミクテス門」

 

「デブ菌」と「痩せ菌」は善玉菌にも悪玉菌にも属さない日和見菌の事だったんですね。

 

デブ菌・痩せ菌で太ったり痩せたりする理由

腸内環境

細菌にはたくさんの種類があるので、一概に善悪を付けるのは難しいです。

ですが、比較的体重を減らして健康にする菌と、体重を増やして不健康にしやすい菌にざっくりと大別することはできます。

バクテロイデス門(痩せ菌)

食物を分解してエネルギーに変えてくれます。

食物を分解する際に短鎖脂肪酸や水素を生み出すので代謝を促したり、

活性酸素を抑える作用があります。

腸内環境を整えてスリムになりやすくなることから、痩せ菌と呼ばれています

 

フィルミクテス門(デブ菌)

食物を体内に溜め込んで腐敗させてしまう作用があります。

腸内で有毒なガスや活性酸素が発生する原因になります。

増え過ぎると新陳代謝が低下して肌トラブルなどが起きやすくなります。

基礎代謝も落ちて太りやすくなるので、デブ菌と呼ばれています。

 

このようにそれぞれの特徴からデブ菌・痩せ菌と言われるようになったのです。

このデブ菌・痩せ菌の割合が崩れると、たとえカロリーを減らしていても、なかなか痩せないという事態に陥ります。

 

理想は「デブ菌と痩せ菌」の割合が「4:6」だと腸内環境が整い、

正常な代謝が行われやすいです。

 

腸内フローラのバランスが崩れる原因は?

腸内環境

日和見菌であるデブ菌(フィルミクテス門)と痩せ菌(バクテロイデス門)

には大きな特徴があります。

それは、善玉菌と悪玉菌のどちらか一方に優遇して加担するという性質です。

どちらの味方に付くのかというと、腸内環境で優勢な方の味方に付きます。

 

つまり、健康的な生活をしている人の腸内は善玉菌が多いので、痩せ菌も増えるのでより痩せやすい体質になります。

逆に不摂生をしてる人の腸内は悪玉菌が多く、デブ菌も増えて余計に太りやすくなります。

 

太っている人が痩せられないのはここに原因があります。

一度太ってしまうと、身体が「太りやすい体質」になってしまうので、カロリーを減らしたり運動をしても痩せにくいのです。

小手先のダイエットをするよりも先に、デブ菌を減らして体質改善をするのが先決です。

 

腸内細菌を整えてスリムになるための食事とは

サラダ

デブ菌・痩せ菌にはそれぞれエサとする好みが違います。

痩せ菌は食物繊維の多い野生や、海藻、キノコ類が好みです。

 

デブ菌が好みとするのはいわゆる不健康と言われるような食品です。

揚げ物、外食、レトルト、インスタント、スナック菓子、添加物などなど。

お肉や油も適量なら良いですが、食べ過ぎるとデブ菌が増えます。

なのでこれらを控えて、腸内環境にやさしい食事を心がけて下さい

 

痩せ菌好みの食事をしていると、腸内で食物が正常に発酵が行われるようになります。

すると活性酸素の発生も抑えられますし、水素が腸内で発生します。

水素が発生すると細胞の酸化を防ぐことができますのでアンチエイジングにもなります。

 

何故なら私たちが老化する原因は活性酸素だからです。

水素で活性酸素を中和できれば老化の加速を止めることができます。

これについては別記事で詳しく解説しているのでこちらを参考にしてみて下さい↓↓↓

ファスティングに秘められたアンチエイジング効果とは!
酵素ファスティングでアンチエイジング★腸内水素の抗酸化作用が効果的

老化を防ぐには酵素ファスティングが最も効果的です。なぜなら老化の原因は腸内で発生する活性酸素だからです。これを酵素ファスティングにより水素を発生させ除去します。さらに新陳代謝を高めることでアンチエイジング

続きを見る

 

酵素ダイエットで悪い菌をリセットして綺麗になろう!

優光泉

デブ菌・痩せ菌のバランスを正常にして痩せやすくするにはどうすればいいでしょうか?

痩せ菌好みの食物繊維を摂取するのは勿論いいことですが、それに加えてより効率的に痩せるための方法があります。

 

それはデブ菌のエサを減らしてしまうのです。

デブ菌のエサが減ってしまえば相対的に痩せ菌の数が増えます。

すると一気に腸内細菌のバランスが覆り、形勢逆転することが出来ます。

 

そのための理想的な方法としては酵素ダイエットが最も効果的です。

食事を酵素ドリンクに置き換えることで、デブ菌のエサを減らすことが出来ます。

同時に酵素ドリンクの栄養素で痩せ菌は増えますので、善玉菌・悪玉菌のバランスも整い、腸内フローラ(腸内環境)が理想的な状態になります。

 

現代人は消化にかなりの負担をかけてるので内臓を労わらないと代謝が落ちます。

酵素ダイエットは内臓を休めることで本来の機能を取り戻すことが出来るので、基礎代謝が向上して痩せやすくなります。

同時に新陳代謝も上がるので美肌効果もあり、かなり有効的な健康法の一つです。

 

ただ、その効果も酵素ドリンクの選び方を間違えると効果を発揮しきれません。

酵素ドリンクの選び方と、おすすめを紹介している記事がありますので、これから酵素ダイエットをはじめようという場合はこちらの記事を一度読んでから始めて下さいね↓↓↓

優光泉
酵素ドリンク「優光泉」の効果をプロが検証したらダイエット成功できた

酵素ダイエットでは酵素ドリンク選びが重要です。無添加、砂糖不使用、素材が豊富などの条件がありますが、これらを全て満たす商品は少ないです。選び方を間違えると減量失敗やリバウンドの原因になるので、吟味をして

続きを見る

 

酵素ダイエットには他にも様々な痩せる理由があります。

肌質改善やアンチエイジングの要素も詰まっています。

続きは以下の記事で解説してるので確認してみて下さい↓↓↓

酵素ドリンク選び

オススメ酵素ドリンクの紹介はコチラ

-ダイエット

Copyright© プロセラピストが教える置き換え酵素ダイエット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.