脂肪肝が老化の原因?酵素で活性酸素を除去してアンチエイジング

アンチエイジング

脂肪肝が老化の原因?酵素で活性酸素を減らしてアンチエイジング!

こんにちは^^

プロセラピストの鐘ヶ江です。

 

あなたは脂肪肝にどんなイメージをお持ちですか?

「お腹についてるような脂肪が肝臓にもついてるのかな?」

といった程度の認識なら要注意!

何故なら脂肪肝は全身の老化を早めてしまうからです。

 

肝臓の病気というとお酒の飲み過ぎを想像する方も多いと思いますがそれは勘違いです。

肝臓は代謝など様々な仕事をしている体内の化学工場と言われています。

アルコールの分解は500以上もある複雑な化学反応のうちの一つにすぎません。

 

現在日本国内でアルコールが原因ではない脂肪肝の推定患者数は1000万人に登るのではないかと言われています。

そして、この非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と呼ばれる肝疾患が老化に直結している可能性が解ってきました。

この話題は2019年にモナコで開かれた国際的なアンチエイジングの学会でも取り上げられていました。

 

老化を遅めるためには、日々代謝で疲弊している肝臓の負担を減らす必要があります。

そのためには肝臓にかかる栄養負荷を減らすことが欠かせません。

肝臓は腸と密接なつながりがあるので、腸からの過剰な栄養供給(中性脂肪)を無くして、肝臓に溜まらないようにすることが肝機能を取り戻して老化を防ぐカギです。

 

腸からの栄養を制御するのに最も適している健康法は酵素ダイエットです。

腸の負担を減らして肝機能が正常になれば、代謝が上がるのでダイエット効果、美容効果、アンチエイジング効果にもなります。

 

今日の記事は肝臓と腸のデトックスをして若さ・体型・美しさを保つといった内容です。

肝脂肪が疑われてる方や、美と健康に興味のお持ちのあなたは必見です。

 

 

肝臓はたくさんの仕事をする働き者の臓器

肝臓は人間の身体の中で最も大きい臓器で、体内で果たす役割も大きいです。

身体の構造を見ても、他の臓器にはない門脈を持っていて腸管と密接に関係しています。

門脈とは消化管を流れた血液が集まって肝臓にそそぐ部分の血管の事です。

 

肝臓は仕事が多い分、エネルギーがたくさん必要で毎日2000ℓ以上の血液が流れ込みます。

そうして血液によって運ばれた栄養や酸素を消費するのですが、呼吸で取り入れた酸素の最大50%が肝臓で使われるので他の臓器に比べて活性酸素の影響を受けやすいのです。

 

活性酸素は細胞を酸化させて錆びつかせてしまうとても厄介な物質です。

酸素を多く使うということはそれだけ活性酸素が発生する可能性が高く、細胞が酸化してダメージを受けるリスクも高くなります。

腸と肝臓は代謝の二本柱です。

肝臓の代謝が落ちればその影響が全身に広がって老化に拍車がかかることになります。

 

肝臓は腸内細菌の代謝物や活性酸素の影響を強く受ける

肝臓は腸との繋がりが強い分、腸内環境の影響をもろに受けます。

食事でとった脂肪は小腸で吸収されて肝臓で脂肪酸に変わります。

また、糖質はブドウ糖に分解され小腸で吸収されてエネルギーとして使われます。

そして、余った脂肪酸とブドウ糖は中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

 

この蓄えが許容量を超えて肝臓の脂肪含有量が10%以上になれば脂肪肝です。

さらには腸内細菌由来の毒素(エンドトキシン)の刺激を受けて炎症や肝臓の線維化(肝臓がかたくなる肝硬変など)を引き起こしたりもします。

 

活性酸素と脂肪が結びつくと全身の老化が加速する

肝臓に溜まった脂肪が活性酸素で酸化されると老化が加速してしまいます。

脂肪肝の怖いところは、溜まった脂肪と腸内で発生した活性酸素が結びついた時なのです。

有害な過酸化脂質に変質してしまうので、肝機能がさらに低下することになります。

 

過酸化脂質の影響はやがて血管にも及び、動脈硬化となり全身の老化が進みます。

血管は栄養や酸素を運ぶ重要なバイプなので、血管年齢が上がるということは全身の老化は免れません。

 

脂肪肝を抑制して活性酸素の発生を抑えるために腸内環境を整える

腸内細菌が食物繊維を発酵分解するときに短鎖脂肪酸という有機酸を産生します。

この短鎖脂肪酸が門脈を通って肝臓に入ると、余分な脂肪の合成を抑えることが出来ます。

必要以上に脂肪を合成しなくなるので脂肪肝になり難くなることが解ってきています。

 

また、肝臓は活性酸素の影響を受けやすい臓器ですが、その活性酸素を大量発生させている原因も腸内環境にあります。

腸内環境が乱れることによって腸内に悪玉菌が増えます。

悪玉菌は腸内の食物を腐敗させて、アンモニアなどの有害な腐敗物質を発生させます。

この毒素を無害化するために腸内では活性酸素が発生しているのです。

 

本来は必要な活性酸素ですが、食生活の乱れや食品添加物など様々な要因で必要以上に発生しているのが現状です。

活性酸素は老化の元凶ですから、発生の元を断たない限り老化の加速は止められません。

 

酵素ダイエットがアンチエイジングには最も効果的

腸内環境を整える最も効果的な方法は酵素ダイエットです。

酵素ダイエットによるファスティング効果で腸内をデトックスすることができるからです。

善玉菌を増やして悪玉菌が減れば食物が腐敗して活性酸素の発生を抑えることが出来ます。

 

さらには、酵素ダイエットでは食事を酵素ドリンクに置き換えるので内臓を休ませることができます。

現代の栄養過多な食事の消化や代謝で明け暮れている腸と肝臓が休まるので本来の機能を取り戻すことができます。

 

また、食事を休める時間を作ることで成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは筋肉や骨の成長だけでなく、代謝や脂肪分解を促進する作用もあるので、痩せやすくもなりますしアンチエイジングにも繋がります。

成長ホルモン以外にも様々な効果があるので詳しくはこちらを参考にして下さい↓↓↓

酵素ダイエット中の空腹感に秘められた8つのメリットとは?

 

肝臓は沈黙の臓器だから症状が出る前に労わることが大切

古代ギリシャ神話でのプロメテウスの逸話にもあるように、肝臓は本来強い再生能力を持っていて多少のダメージなら再生して肝機能を取り戻してくれる強い臓器です。

ですが、故障に強いが故に自覚症状が現れた時にはすでに機能障害がかなり進行しているという沈黙の臓器でもあります。

まだ、病気じゃないうちから腸を整えて肝臓を労わることが大切になります。

 

腸と肝臓が老化の大きな原因になりうるということは、逆に言うとこの二つの臓器をしっかりケアすることができれば老化の加速を止めることが出来ます。

腸と肝臓のケアが最大のアンチエイジングになるということです。

 

老化の根源は活性酸素にあります。

活性酸素を中和する「物質」も腸内で作ることが出来ます。

この「物質」とは宇宙で最も多く存在していてあなたにとっても身近な存在です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい↓↓↓

ファスティングで発生する〇〇のアンチエイジング効果がすごい★

 

ぼくが最初に酵素ダイエットを始めた理由はダイエットでしたが、アンチエイジングのために今でも定期的に続けています。

体重もキープできるし体調がよくなるのでおすすめですよ^^

 

ちなみにアンチエイジングに成功すると細胞が再生して代謝機能を取り戻します。

代謝が正常になるということは基礎代謝と新陳代謝が上がるということです。

基礎代謝が上がれば消費するカロリーが増えるので痩せられるのです。

また、新陳代謝が上がると肌のターンオーバーも正常になるので美肌・美顔といった美容効果も見込むことが可能です。

酵素ドリンク選び

オススメ酵素ドリンクの紹介はコチラ

-アンチエイジング

Copyright© プロセラピストが教える置き換え酵素ダイエット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.