菌活

健康

美肌も老化予防もダイエットも成功させるたったひとつの方法は「菌活」

鐘ヶ江
こんにちは^^

プロセラピストの鐘ヶ江(かねがえ)です。

 

あなたは「菌活」と聞いてどんな印象をお持ちですか?

何となく、乳酸菌とか納豆とかキノコを食事に取り入れて健康になるのかな?

といったイメージでしょうか?

 

日本人は昔から発酵食品を食べてきたので「菌」との付き合いが長く、健康的な食材として自然と生活の中に取り入れられてきました。

しかし、たかが健康食品と侮ってはいけません。

何故なら私たちは「菌」によって生かされているからです。

 

食物を摂取して、それを分解・吸収・代謝するためにはすべて「菌」が関わっています。

私たちが体内で起こせる化学反応には限界があります。

それを体内の「菌」によって補ってもらっているのです。

 

その証拠に、加齢と共に体内の「菌」が少なくなってくると、エネルギーが上手く生み出せなくなるので体力が衰えてきます。

老廃物も上手く排出できず、細胞に異常が起こりやすくなり病気にもかかりやすくなります。

これらは老化もありますが「菌」の減少によって身体の機能が低下しているのです。

 

このように、身体にプラスの働きをしてくれる「菌」と共存していくことが、健康的に過ごしていくために必要不可欠なのです。

「菌」が代謝を促してくれれば新陳代謝・基礎代謝が上がります。

代謝が上がることで得られるメリットは以下の通りです。

・肌質改善
・ダイエット効果
・アンチエイジング
・免疫強化
・体調を整える

 

今日はそれぞれの菌がどのように私たちを健康にしてくれているのか。

そして、菌活をどのように私たちの生活に取り入れると効果的かをご案内します^^

 

主な菌を紹介

腸活では「善玉菌」と言われる腸内環境を整えてくれる菌を摂取します。

まずは腸内で食物を発酵させて「酸」を作りだす3つの菌を紹介します。

腸内を酸性に保つことで、悪玉菌を抑制して腸内環境を整えてくれます。

 

主な働き、生成する酸の種類、生息してる場所は以下の通りです。

詳しい内容はそれぞれ解説していきます。

乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌

 

 

①乳酸菌

乳酸菌

「乳酸菌」は体内のいたるところに住んでいて、小腸に多く生息している善玉菌です。

糖質を分解して「乳酸」を出します。

乳酸と言うと運動時の疲労物質というイメージがあるかもしれませんが、実際は違います。

 

腸内での乳酸の働きは

「蠕動運動を盛んにする整腸作用」

「腸内を酸性にして清潔に保つ作用」があります。

 

そして、乳酸菌は「通性嫌気性」という性質をもっていて、酸素に触れても生きられます。

だから自然界にも広く生息しています。

ただし、乳酸菌は体の中で定着することがないので継続の摂取が必要です。

牛乳やヨーグルト、漬物などに多く含まれます。

 

②ビフィズス菌

ビフィズス菌

ビフィズス菌は腸内に住む善玉菌の99%を占めると言われています。

乳酸菌と同じく乳酸も作りますが、強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB、葉酸も作り出します。

「偏性嫌気性」という性質があるので酸素に触れると生きていくことができません。

なので、自然界では生きていけないので食品には含まれておらず、人間の身体の中では大腸にだけ生息しています。

 

また、酸にも弱く、生きたまま腸に届けるのは難しいです。

なので、ビフィズス菌を体内で増やすには、大腸に届くまでに分解・吸収されない

「食物繊維やオリゴ糖」を摂取する必要があります。

 

食物繊維やオリゴ糖のように大腸に良い働きをするものを「プレバイオティクス」といいます。

菌活ではこれらを摂取して菌を増やすのがカギとなります。

乳酸や酢酸の生成と共に減量・美容効果のある「短鎖脂肪酸」という酸も生成するからです。

 

プレバイオティクス・脂肪酸についてはこちらの記事で解説してます↓↓↓

痩せる脂肪って何!?短鎖脂肪酸に秘められたダイエット効果!
痩せる脂肪が存在する?短鎖脂肪酸に秘められたダイエット効果!

食物繊維やオリゴ糖を大腸で発酵することで生まれる「短鎖脂肪酸」のダイエット効果は高い。腸内環境を清潔に保つので美容効果・アンチエイジング効果も併せ持っています。これを可能にする健康法は酵素ダイエットです

続きを見る

 

③酪酸菌

チーズ

酪酸を作る菌の総称です。

酪酸や酢酸を作り出し、有害菌(悪玉菌)の発育を抑制します。

酪酸も酢酸も短鎖脂肪酸なので「脂肪を燃焼させる働き」があります。

酪酸は大腸の主要なエネルギー源になります。

 

酪酸により酸素が消費されることで、酸素が苦手なビフィズス菌が活動しやすくなります。

また、生命力の強い菌なので、生きたまま腸まで届いてくれます。

酢、ぬか漬け、チーズなどに少量ですが含まれています。

 

その他の有効な菌

腸内細菌

乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌以外にも有能な菌は存在しています。

日本の食文化の一つである「発酵」はうまみ成分を増すだけではなく、日本人の健康にも昔から貢献していたんですね。

それぞれ、紹介していきますので、あなたの食生活にもぜひ取り入れて下さいね^^

 

①納豆菌(ナットウキナーゼ)

納豆菌は増殖に適さない環境になった時、生きるための手段として耐久性の高い芽胞(がほう)という特殊な殻をつくることができます。

この殻の中では、乾燥・寒さ・100度以上の熱・酸・アルカリ・紫外線・真空状態・宇宙空間にも耐えられると言われています。

土の中では90年近く生存できるほどの「生命力に溢れた菌」です。

  <主な働き>

  • 生きたまま腸に届く
  • 腸内にいる善玉菌を増殖させて、悪玉菌を減らす働き
  • ポリミアンという成分にアンチエイジング効果
  • 血栓を溶かし動脈硬化の予防
  • ビタミンKが豊富で骨粗しょう症の予防

 

②キノコ

キノコそのものが菌であり、菌をそのまま食べられるという菌活の王様です。

  <主な働き>

  • キノコそのものが菌であり、菌をそのまま食べられます。
  • 食物繊維が豊富で腸内環境を整える
  • ビタミンB群が新陳代謝を促す
  • 糖や脂質の代謝に優れている
  • 疲労回復効果やカリウムも含まれるので倦怠感にも効果あり

 

③酵母菌

酵母菌は「糖を分解してアルコールと炭酸ガスに変える」善玉菌です。

パンや味噌、醤油、ビールや日本酒、ワインといったお酒の製造過程で使用します。

  <主な働き>

  • 過剰な糖質の吸収を抑える
  • 悪玉菌の働きを抑えて腸内環境を整える
  • 糖質や脂質の分解
  • 高血糖を予防

 

④麹菌

味噌、醤油、みりん、日本酒、塩麹、甘酒など日本の食文化に根付いてます。

これらは「麹菌」というカビから作られていて、加熱した穀類に繁殖する菌です。

  <主な働き>

  • デンプンを糖に分解するアミラーゼ酵素をつくる
  • タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ酵素をつくる
  • メラニン合成酵素を抑えて美白効果
  • 消化の補助やうまみ成分の向上
  • 腸内環境を整える

 

腸内環境を整えるのが健康の秘訣

腸内環境

菌が私たちの身体の中で、様々な働きをしてくれてることが解りましたね。

菌がもたらしてくれる、特に重要なことをまとめると以下の通りです。

  • 腸内環境を整えてくれる
  • 悪玉菌を排除して、善玉菌を増やしてくれる
  • 糖質や脂肪の代謝を促してくれる
  • エネルギーを生み出して基礎代謝を上げてくれる
  • 排出や循環を促して新陳代謝を上げてくれる
  • 病気の予防をしてくれる
  • 身体を若く健康な状態に保ってくれる

 

菌活ではこれだけの効果が生まれるので、ぜひ活用したいところですね。

では、実際どのように生活に取り入れると最も効果的かをご紹介しますね。

菌活の効果を上げる方法とは酵素ダイエットです。

 

プチ断食や酵素ファスティングなど色々呼び方はありますが、要は食事を酵素ドリンクに置き換える健康法です。

私たちの内臓は日々「消化」という重労働を繰り返しているので疲弊しています。

そこで食事を酵素ドリンクに置き換えることで、内臓を休ませることができます。

 

内臓が休まることで、低下していた内臓機能を取り戻し、基礎代謝を上げることができます。

実は内臓が基礎代謝で作り出すエネルギーは、筋肉が作り出す基礎代謝より大きいです。

大きなエネルギーを生む内臓を回復させるのは、とても重要なことなのです。

 

これについては、こちらの記事で詳しく解説してます↓↓↓

プチ断食
プチ断食と酵素で内臓力アップして痩せる!筋トレでは効果なし?

酵素ダイエット(プチ断食)をすることで、筋トレや運動をしなくても痩せることができます。なぜなら筋肉の基礎代謝よりも、内臓の基礎代謝の方が明らかに大きいからです。内臓を整えて、本来の代謝を取り戻す方が痩せる

続きを見る

 

酵素ダイエットで内臓の機能を取り戻し、腸内環境を整えれば、

「菌活」との相乗効果でより基礎代謝・新陳代謝ともに向上させることが出来ます。

酵素ダイエットはただの減量法というよりも、腸内を整えて「人間本来の機能」を取り戻す健康法なので「菌活」との相性が抜群なのです。

ただ、一つ注意点がありますので次でそれを解説します。

 

菌活と酵素ダイエットを組み合わせる時の注意点

優光泉

菌活と酵素ダイエットを組み合わせる時に気を付けなければならないことがあります。

それは酵素ドリンクの選び方です。

 

菌活では主に腸内環境の改善をして、身体の機能を向上させることを目的としてます。

しかし、ここで質の悪い酵素ドリンクを選んでしまうと、菌活も酵素ダイエットも効果が半減してしまうのです。

 

ここで、一つ健康に関する重要なことをお話します。

近頃ではスーパーフードなど健康に良いとされる食品も多いですが、

「健康に良い物を摂取する」という考え方は最善の方法ではありません。

 

では、何が重要かあなたはわかりますか?

本当に健康に大切なこととは、

「悪い物を取らないこと」です。

 

身体に良い成分をプラスするより、悪い物を除去していく方が大事なのですね。

その点で、菌活と酵素ダイエットは、老廃物・毒素の排出に適した健康法です。

 

しかし、酵素ドリンクに食品添加物糖質が含まれていたら、健康の邪魔なのです。

だから、あなたが「本来の身体の状態」を目指すのであれば、余分な物が含まれていない、

「豊富は野菜や果物だけで作られた酵素ドリンク」を選ばなければいけません。

 

ここを間違うと、ダイエットや美容効果、体質改善の効果が半減してしまいますので、気を付けるようにして下さいね。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、必ず読んでから始めて下さいね。

酵素ドリンクの選び方やお勧めの物も紹介してあります↓↓↓

優光泉
酵素ドリンク「優光泉」の効果をプロが検証したらダイエット成功できた

酵素ダイエットでは酵素ドリンク選びが重要です。無添加、砂糖不使用、素材が豊富などの条件がありますが、これらを全て満たす商品は少ないです。選び方を間違えると減量失敗やリバウンドの原因になるので、吟味をして

続きを見る

 

あなたも菌活や酵素ダイエットを生活に上手く取り入れて、美と健康を手に入れて下さいね。

初心者でも始めやすいプチ断食や、より効果の高い3日間のファスティングまでこのブログでは解説してますので参考にして下さいね。

酵素ドリンク選び

オススメ酵素ドリンクの紹介はコチラ

-健康

Copyright© プロセラピストが教える置き換え酵素ダイエット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.